ボールの動きを分析してみよう。

エッセンドン・ボンバーズのボールムーブメントの分析です。

バックラインでKellyがインターセプトし、すぐに右サイドへ。

右サイドウイングが相手DFに埋められたので、スイッチプレーで左のウイングへ。

そして始めにボールをインターセプトしたKellyが左サイドへ抜けて中央部(コリドー)を空けます。

一番ボールを入れたいエリアにボールをキックし、相手DFを置き去りにするとオープンになったFWラインへ正確なキック。

すべてが計算されたかのような見事なボールムーブメントになりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。